パパの味方。「SLみなかみ号」水上駅の見所ガイド。

D51-498が復帰をして、10月・11月の週末は高崎‐水上間を「SLみなかみ号」が走ります。
この秋の週末は、上越線もご家族連れで賑わうことと思います。

ここでは、水上駅の見所についてレポートします。初めてご家族で「SLみなかみ号」に乗車される方も、水上駅で充分に楽しんでいただけると思います。

「SLみなかみ号」で水上駅に着いたら、まずは、転車台の見学がおすすめです。
SLが入線してから、機関車はすぐに客車を切り離し、機回しをはじめますので、間近でD51の転車を見学したいようでしたら、早めに転車台に行くと良いでしょう。

画像

画像
◎客車を切り離したD51。この後すぐに転車台に向かいます。

転車台の場所は、水上駅の改札を出て、右に曲がり、100mほど道なりに直進すると、さらに右手に転車台が見える小道がありますので、そこを直進します。
駅前には、バスやタクシーが常に発着しているため、お子様が飛び出したりしないように、充分ご注意くださいね!

画像
◎転車台で、方向転換するD51。.意外と短時間で方向転換します。
画像
◎水上駅転車台と休憩所。ここには屋根つきの休憩所と新しいトイレがありますので、ご家族連れでもゆっくりできます。

画像

画像
◎方向転換終了後、石炭馴らしと給水、そして、石炭の灰を排出します。その間、足回りのチェックや注油を行います。こうしたメンテナンスも見所のひとつです。

画像
◎所定のメンテナンスを終えると、D51はその場で、その機体を休めます。約3時間の間、この場所で待機しますので、ゆっくり見学が出来ます。

画像
◎D51-498に関する説明看板。生い立ちが良くわかりますね。

画像
◎D51-498の機回しの順序を説明した看板。これを読んで見学に行くと更に面白いですよ。パパはお子様に説明してあげてください!

画像
◎水上駅構内の詰め所。かつての水上機関区を忍ばせます。

「SLみなかみ号」が水上駅に到着してから、上りの出発まで約3時間ほど時間があります。
たっぷりある時間を使って、D51の見学をするのも良いでしょう。
また、秋の水上は涼しいので、少し足を伸ばして、温泉や足湯に浸かるのも良いですね。
おなかが空いたら、駅前にはお食事処がありますので、是非利用してみてください。

そんなこんなで、午後3時ごろになると、D51は客車に連結するための機回しを行います。
機回しを見学したいのでしたら、午後3時には、駅構内や沿線にいると良いです。
ただ、連結が完了してから出発までは時間が余りありませんので、乗り遅れには充分注意してください。

画像
◎マニアックな場所では、水上駅改札を左に100mほど道なりに直進すると機回しを行うD51が見学できます。場所が離れてしまいますので、くれぐれも乗り遅れにはご注意です。

画像
◎オススメの見学場所は、駅構内での連結作業です。

画像
◎こんな、看板もあります。記念撮影にいかがでしょうか。

画像
◎さあ、出発です!帰り道をゆっくりと走り始める「SLみなかみ号」。ちなみに、「SLみなかみ号」に乗車していると、この写真は撮れませんので、あしからず。


今回の「風と列車の通り道。」は、いかがでしたでしょうか?
私が初めて「SLみなかみ号」に乗車したときは、転車台の位置すらわからなかったので、ばたばたしてしまいました。
これを読んでいただければ、ご家族での初めてのSLの旅もスムーズに楽しんでいただけるのではないかと思います。
今回は、ご覧頂きましてありがとうございます。また是非遊びに来てください!

↓よろしければ、応援のクリックをお願い致します!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



この記事へのコメント

大森万梨乃
2019年06月05日 22:22
高沢里奈
小泉奈津美
2019年06月05日 22:22
田中優紀
黒木茉莉花、千歳ひとみ
2019年06月05日 22:22
秋庭伶香、関口雄飛
森結花、黒木茉莉花、森由佳
2019年06月05日 22:23
平井佳織、黒木茉莉花、平井麗奈
水上駅
2019年06月05日 22:23
水上駅

この記事へのトラックバック

  • レイバン メガネ

    Excerpt: パパの味方。「SLみなかみ号」水上駅の見所ガイド。 風と列車の通り道。/ウェブリブログ Weblog: レイバン メガネ racked: 2013-07-03 22:51
  • プラダ メンズ

    Excerpt: パパの味方。「SLみなかみ号」水上駅の見所ガイド。 風と列車の通り道。/ウェブリブログ Weblog: プラダ メンズ racked: 2013-07-10 03:33